現場施工日記

玄関ドア リフォーム工事 Y様邸

玄関ドアも経年劣化によって不具合が出てきます。しまりが悪く鍵がかかりにくい、色褪せて見た目が悪いなど・・・。

昔の玄関ドアリフォームは、壁や床を解体しないとできなかったので、大掛かりな工事になりかなり大変でした。

現在の玄関ドアのリフォームはカバー工法が主流です。壁や床を壊さなくても玄関ドアを交換できる工法です。

解体部分が少ない分、工事費用も工事期間も抑えることができます。

工事期間は1日です。玄関ドアを交換したいと思っている方は、ぜひパナソニックリフォームクラブ生駒支店へお声がけください。

 

カバー工法による玄関ドア交換の実例をご紹介させて頂きます。今後のリフォームの参考にして頂ければ幸いです。

 

戸建て住宅の玄関ドアをリフォームさせて頂きました。現場は生駒市です。

 

交換前の古い玄関ドアです。ドアノブにかなり傷がはいっていました。

古い玄関ドア

 

 

ドアクローザーが壊れて、油圧ダンパーから油が漏れてしまっていました。閉まる時に勢いよくバタンと閉まってしまします。

古い玄関ドア②

 

 

まずは撤去工事です・・・が今回はYKKapのドアリモでのリフォーム工事なので、ドア本体とクローザーを外すだけ!内壁も外壁も床も壊しません。

玄関ドア撤去後

 

枠の取付工事です。ドアリモはカバー工法なので、今の枠の上に新しい枠をかぶせます。

カバー工法の枠

カバー工法の枠②

 

 

枠の幅は少し大きくなります。枠が付けばドア本体のつり込みで完成です!

新しい玄関ドア

 

 

交換前↓

古い玄関ドア

 

交換後↓

新しい玄関ドア3

 

 

 

ドアリモでのリフォーム工事のメリット

●工事期間が短い

壁を壊さなくて工事ができる【カバー工法】だから短時間で新しいドアに交換できるんです。カバー工法とは、今あるドア枠に新しい枠をかぶせる工法です。

カバー工法

 

●工事費用が安い・工事期間が短い

壁を壊さない=工事項目がへり費用が安くなります=工事期間も短くなります

 

●便利なリモコンキー・カードキーに変更できる

リモコンKeyをポケットやカバンに入れておけば、鍵を取り出さなくても、ドアハンドルのボタンを押すだけで施錠・解錠できます。荷物の多い時や傘をさしているときなどとても便利です。カードKeyは、財布やカードケースに入れたままで、ドアハンドルに近づけるだけで施解錠できます。

100V式と電池式があります。電池式だと電気工事が必要がないのでリフォーム価格を抑えられます。

 

●カラー・デザインが豊富に選べる

カラーやデザインがたくさんあります。採光・通風・断熱などの種類も選べますので、きっとお気に入りのドアが見つかります。

ドアリモ デザイン

ドアリモ デザイン1

ドアリモ デザイン2

 

ドアリモ カラー

ドアリモカラー1

ドアリモカラー2

 

防犯性の高い鍵が2ヶ所につくので、ピッキング対策になり不審者に狙われにくい安心な家になります。

また、断熱性能の高い玄関ドアにすれば、暑さや寒さも改善され、省エネにもつながります。

 

玄関ドアの交換をお考えなら、ぜひパナソニックリフォームクラブ生駒支店へお気兼ねなくお声がけください。もちろん現地調査、お見積りは無料です。お客様のご要望をお聞かせいただき、より良いご提案をさせて頂きます。

 

 

ドアクローザーの交換

ドアリモ S01p

ドアリモ S02p

ドアリモ S03p

ご相談はこちらから
0120-568-555 0120-568-555
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る