現場施工日記

玄関のドアクローザー交換工事 生駒市I様邸

生駒市のI様より、玄関ドアのクローザーが故障してしまい、すごい勢いで閉まってしまうので困っているとお電話をいただきました。

古いドアクローザー

 

 

現地で確認させて頂くと、油圧ダンパーの故障でしょうか、油が垂れて玄関ドアを汚していました。寸法を測らせて頂き、後日あたらしいドアクローザーを持参し、交換させて頂きました。

故障の為、油流出

 

 

交換後の写真です。

完成

 

新しいドアクローザー

 

毎日開け閉めする玄関ドアなので、ドアクローザー故障すると、とっても不便です。お困りの方は、お気兼ねなく大和工業㈱生駒支店にお電話ください。現地調査、お見積りは無料です。

 

 

玄関ドアリフォーム 生駒市Y様邸

ドアリモ S01p

ドアリモ S02p

ドアリモ S03p

ご相談はこちらから
0120-568-555 0120-568-555
お問合せ資料請求

トイレの換気扇交換工事 生駒市K様邸

生駒市のK様邸にて、トイレの換気扇の交換をさせて頂きました。

 

古い換気扇の写真です。見るからに古そうでしょ。実際にほとんど回転していなく換気扇としての機能は果たしていませんでした。

古い換気扇

 

 

カバーを外すと本体が見えます。

この本体は、下地の木材部分にねじ4か所で固定しているだけです。

古い換気扇本体

 

 

ねじを外せば簡単に取り外しができます。

本体を外す

 

 

換気扇は銀色の筒(アルミダクト)とつながっています。汚い空気はこのアルミダクトの中を通って外部に排気します。

右に垂れさがっているのが電気の線です。

本体撤去後

 

 

トイレの天井に埋め込まれている換気扇の本体です。黒い部分は天井裏に埋まっている部分で普段は見えません。

丸い部分にアルミダクトをつなぎます。電源を差し込んで天井に戻せば完成です。

新しい換気扇

トイレの換気扇

 

空気を入れ替えるための大切な換気扇です。

音が大きくなっていたり、吸い込みが悪くなっていたら交換の時期です。

トイレやお風呂、キッチンなど換気扇の調子が悪くなったら、大和工業生駒支店まお電話ください。

現地調査や、お見積りは無料です。

ご相談はこちらから
0120-568-555 0120-568-555
お問合せ資料請求

キッチンリフォーム工事 生駒市Y様邸 

リフォーム工事前のキッチンです。食器やお料理道具、調味料をたくさん使うキッチンなので収納スペースが不足していました。収納力を上げることと、お掃除が楽になることをテーマとしてリフォーム工事を行わせていただきました。

リフォーム前のキッチン

リフォーム前のキッチン、勝手口

 

電子レンジの置き場によって作業効率も変わってくると思います。

リフォーム前の食器棚

 

まずはキッチンの解体撤去工事です。撤去した後、新しいキッチンに合うように、電気の配線・給水給湯排水配管を移動させておきます。

キッチン撤去後

 

クロスを貼るときは少し移動させましたが、冷蔵庫をそのまま置いていてもリフォーム工事は行えます。工事期間中、お料理は出来ませんが、食品はそのまま冷蔵庫にしまっておけます。

キッチン撤去後、勝手口

 

新しいシステムキッチン、パナソニックの「ラクシーナ」です。以前のタイル面にはキッチンパネルを貼っており、目地がなくお掃除がしやすくなります。

リフォーム後のキッチン

 

キッチンカウンターの上には、棚板が移動できる収納棚を設置しました。高さが変えられるので無駄なスペースを作らずたくさん収納できます。

キッチン前可動棚

 

ガスコンロからIHクッキングヒーターへ変更しました。火が出ないので安全にお料理して頂けます。夏場のお料理の時に暑くて大変と思っている方にもIHはおすすめです。ちなみに、2口がオールメタル対応で、グリルはIH&遠赤のラクッキングリルです。

ダブルオールメタルIH(ラクッキングリル)

 

レンジフードは、「ほっとくリーンフード」です。お掃除が大変な羽の部分のお手入れが10年に1度でいいレンジフードです。

ほっとくリーンフードの詳細はこちら

ほっとくリーンフード

 

背面には大きなカップボードを設置させて頂きました。かなり収納力が上がったと思います。引出収納は奥の物も使いやすく、振り向けば電子レンジも使えるのでお料理もはかどると思います。

リフォーム後のカップボード

 

クロスの貼り替えと、明るい色のカップボードの効果でなキッチン全体が明るくなりました。

リフォーム後のカップボード

 

 

生駒市Y様邸のキッチンリフォーム工事でした。こちらのお客様はお風呂のリフォーム工事も行わせていただきました。合わせてご確認して頂ければ幸いです。

 

水廻り一新!

パナソニック ラクシーナでキッチンリフォーム工事

生駒市マンション キッチンリフォーム

生駒市のお風呂リフォームお任せください!

ご相談はこちらから
0120-568-555 0120-568-555
お問合せ資料請求

トイレリフォーム工事(アラウーノSⅡ) Y様邸

先日、アラウーノSⅡ+アラウーノ専用手洗いでのリフォーム工事を行わせていただきました。現場は生駒市です。

 

古いトイレの写真です。なだまだ使えますが、排水量の多い昔のタイプです。

リフォーム前のトイレ

 

この壁面にアラウーノ専用手洗いを設置します。

リフォーム前のトイレ

 

トイレの撤去後、先にクロスの貼り替え工事を行いました。これから便器・手洗い器を設置します。

アラウーノカウンター

 

手洗い器の給水と排水配管です。アラウーノ専用手洗いは、便器から給排水を分岐させて持ってこれるので、床をめくって配管をもってくるような大掛かりな工事をしなくても、簡単に手洗い器が取付できる優れものです。

アラウーノカウンター2

 

配管が見えないようにカバーをします。便器の裏で、手洗い器の給排水をつなぎ、便器を設置して完成です。

リフォーム後のトイレ

 

手洗い器の下に物入れのあるタイプです。物入れの取っ手にタオルがかけられるので便利です。

IMG_20180224_165926

 

収納内部です。便器を洗うブラシと洗剤、トイレットペーパーも数個置けます。

トイレ収納

 

アラウーノSⅡ本体です。

アラウーノSⅡ

 

右側に洗剤を入れる場所があります。

IMG_20180224_170123

 

無理な体制をしなくても簡単に洗剤の補充が出来ます。

IMG_20180224_170126

 

アラウーノS2でのトイレのリフォーム工事でした。

トイレのリフォーム工事をお考えなら、ぜひ、パナソニックリフォームクラブ大和工業㈱生駒支店へお声掛けください!

 

 

 

トイレリフォーム工事(アラウーノSⅡ)Y様邸

 和式トイレを洋式にリフォーム

ご相談はこちらから
0120-568-555 0120-568-555
お問合せ資料請求

生駒市木造2階建て住宅(築40年)リノベーション工事!!

こんにちは。

今年の寒さは、近年に無い寒さだと思われませんか?

毎日、氷を見るのは久しぶりな感じがします。

 

昨年末、チラシを見て来店いただいたお客様からのご依頼で

全面リノベーション工事をいただきました。

このお客様。ご主人様、奥様共素敵な方で(センスが良い)。

プランもデザインもすべてお任せいただき、我々もいつも以上に力を入れて取り組ませていただきました。

この仕事をさせていただいて、うれしいことは多々ありますが、信用していただき、任していただける事が、一番の励み、喜びだと感じます。

お客様と接する、限られた時間の中で、できるだけご要望を汲み取る力を身に付けたいと、日々痛感します。

 

工事も終盤を迎え、完成が非常に楽しみです。

寒さに負けない、断熱工事も施したので、次回ブログで詳しくお伝えしてまいります。

 

ご期待ください。

 

 

生駒市のお風呂リフォームお任せください!

給湯管が破裂

こんにちは。

ある日、お客様より大至急にて来てほしいとの依頼が…。

お聞きしたところ、「お湯のパイプから、ジャバジャバと吹き出ているから!」とのこと。

そして、お宅へ急行いたしました。

幸いにも露出配管で、2階部分への経路でしたので、分岐止水栓にて止めました。

2階は、洗面化粧台のみの使用でしたので、重大な生活に支障きたすこともありませんでした。

また、配管の保温カバーを切開しましたら、こんな状況でした。

KIMG1240KIMG1236

銅管がパックリと裂けていました。見た目にも痛々しい感じです。

凍結によるものだと思います。

おそらく、部分修繕を施しても、配管や保温カバーも劣化しているので、

他の部分から破裂する可能性があると判断いたしました。

後日、すべての銅管を樹脂管に変更し、保温カバーもしっかり巻きました。

DSCN3681

とりあえず、お客様に元の生活に戻っていただけて、一安心です。

本当に今年の冬は、給湯管が破裂するくらいの近年、稀にみる寒さですね。

ご覧いただいている方々、インフルエンザも猛威を奮っていますので、お気を付けください。

 

 

その他の工事はこちら

給湯器交換 生駒市F様邸

給湯器交換 生駒市N様邸

給湯器交換工事 

先日、給湯器の交換工事を行わせていただきました。お湯を出している途中で、急に止まることがあるみたいです。特に寒い日には止まる確率が多かったそうです。幸いにも、一度電源を落とし、再度入れると復旧するので、お風呂には毎日入れていたそうです。

交換前の給湯器

 

 

給湯器のラベルには、2001年10月と表示(株式会社ノーリツの文字の上、2001.10これが製造年数です)がありました。ということは17年前の給湯器になります。年数的には故障してもおかしくない年数です。今年の冬は特に寒かったので、冷水からお湯に変えるパワーが多く必要になり故障を助長させてのだと思います。

給湯器のラベル

 

 

新しい給湯器はノーリツ製のエコジョーズです。ガス代も少し節約できる給湯器です。シルバー色で見た目もかっこよくなりました。

交換後の給湯器

新しい給湯器

 

 

以前の給湯器は完全に壊れていたわけではなかったので、頑張ったらまだ使えたかもしれませんが、ある日突然故障してお湯が全くでなくなる場合もあります。寒に冬にお湯が出ないとかなり辛いです。

 

お湯の温度が安定しなかったり、今回のお客様のように復旧はするがお湯が出なくなったり、故障のサインが出たら、早めの交換をおすすめします。

 

ご相談はぜひ、パナソニックリフォームクラブ 大和工業㈱生駒支店へお声掛けください。

 

 

施工例にもアップさせていただきました。

給湯器交換工事 生駒市F様邸

その他の施工例

給湯器交換工事 生駒市N様邸

 

生駒市のお風呂リフォーム工事ならお任せください!

ご相談はこちらから
0120-568-555 0120-568-555
お問合せ資料請求

マンションのトイレリフォーム!

壁や天井のクロス、床のクッションフロアーも同時に貼り替えさせて頂きました。

 

リフォーム前のトイレです。まだまだ十分使えますが、排水水量が多い古いタイプです。

旧トイレ

 

 

新しい便器は、パナソニックのアラウーノS2です。タンクレストイレなので空間がスッキリ見えます。             

背面だけのクロスの色を変えました。1面だけ違う色のクロスにするとアクセントが付いて良いですよ。貼り分けをしても工事費用は変わりませんので、ぜひ、検討してください。

手洗付トイレ

 

 

アラウーノ専用の手洗い器です。この手洗い器の給水と排水は、アラウーノS2の便器から分岐させてつなげることが出来ます。壁や床をめくって配管をする必要がありませんので、工事時間が短縮されますし、工事費用も安くなります。特にマンションの場合、新しく配管工事をするのが困難な場合が多いのでこの手洗い器は重宝します。

手洗い器の下の部分は小さなスペースですが、トイレを洗う時の棒付きブラシや、洗剤、トイレットペーパーなどを収納出来ます。

アラウーノ専用手洗い

手をかざすだけで、水が出るセンサー水栓にすることも出来ます。

 

 

トイレのリフォームはあまり日数をかけません。なぜなら、工事期間中トイレが使えないからです。引っ越しする前や、仮住まいがある方は気にする必要はないのですが、そうでない方は、家のトイレが使えないと生活できません。だから、できるだけ短期間で完工させます。

工事中トイレをどこで済ますかはよく検討しなくてはいけませんが、夕方からは使用できますのでご安心ください。

 

マンションのトイレリフォームも得意です。ご検討のかたはぜひ、大和工業(株)生駒支店にこお声掛けください。

 

 

 

その他のトイレの施行例はこちらからご確認ください。

トイレリフォーム工事(アラウーノSⅡ)Y様邸

マンションのトイレリフォーム!

和式トイレを洋式にリフォーム

ご相談はこちらから
0120-568-555 0120-568-555
お問合せ資料請求

お風呂のリフォーム工事 生駒市T様邸

先日、生駒市で昔ながらのでタイル張りのお風呂からユニットバスへのリフォーム工事を行わせて頂きました。

お客様のお悩みは、とにかく寒いという事でした。

 

リフォーム前のお風呂のです。タイル張りのお風呂は、入った瞬間に足がひっやっとしますし、お風呂の中もひんやり寒いですね。ヒートショックの心配も出てきます。

リフォーム前の浴室

 

 

工事中の写真です。天井から解体していきます。上を向いてする作業は結構しんどいです。

天井解体中

 

 

お風呂の天井がなくなり、屋根のが見えています。天井の高さがあまり高くなく、新しく設置するユニットバスのが設置できない為、天井まで解体しています。高さが十分確保されていれば天井は解体しないことの方が多いです。

解体後の天井

 

 

続いて、壁のタイルもハツリ解体していきます。

タイル壁解体中

 

 

床・壁・天井すべて解体した後の写真です。なかなか見ることがない光景だと思います。

解体後のお風呂

 

 

窓の下と、出入り口の柱の木部が腐っています。おどろかれる方も多くいらっしゃいますが、在来タイル張りのお風呂にはよくあることです。年数がたつとどうしてもタイルの目地から水が漏れていきます。木部の交換、補強も考慮して工程を組んでもらいましょう。

窓下の木部の腐食

出入り口の柱の腐食

 

 

配管を新しいユニットバスに合わせて位置に移設します。また、浴槽にお湯をはった状態の時のユニットバスの重さはすごいので、地盤沈下しないようにしっかりとした土台が必要になります。コンクリートで土間を造ります。

コンクリートの土間を打設

 

 

ユニットバス組み立て中です。

ユニットバス施工中

ユニットバス施工中2

 

 

出入り口にあった段差も解消することが出来ました。

出入り口の段差解消

 

 

お風呂のリフォーム工事完成です!。

 完成後のユニットバス

リフォーム後のお風呂

 

 

今までのお風呂にから比べると、格段にあたたかくなっていると思います。床も汚れにくくて滑りにくい素材になっています。手摺りも浴室内にぐるりと設置しています。入口の段差もなくなり手摺りも設置したバリアフリーのユニットバスの完成です。

 

暖かく、安心・安全になったお風呂に入っていただき、快適なバスタイムを味わって頂きたいと思います。あ~お風呂のリフォームをして良かったと思って頂ければ幸いです。

 

 

 

お風呂リフォーム工事 生駒市Y様邸 

タイル張りお風呂のリフォーム工事 生駒市T様邸

マンションのユニットバスリフォーム工事 M様邸

生駒市のお風呂リフォームお任せください!

ご相談はこちらから
0120-568-555 0120-568-555
お問合せ資料請求

水廻り一新!

マンションの水廻り(ユニットバス・システムキッチン洗面化粧台・トイレ)のリフォーム工事をさせて頂きました。まずは、キッチンからご紹介させて頂きたいと思います。

 

こちらの写真がもともとのキッチンです。上に見えてる垂れ壁の反対側には吊戸棚が設置してあります。

一般的に多い対面キッチンです。

旧キッチン

 

 

こちらはシンク側です。

206

 

 

まずはキッチン本体を取り外しました。この時にレンジフード、吊戸棚、垂れ壁も一緒に撤去しています。撤去した段階で、給湯・給水・排水配管・電気配線・ガス配管の移設を行います。同じような位置ですが、必ず必要になる工事です。 

撤去後

 

 

完成写真です。最初の写真をみくらべて頂ければ、上部の垂れ壁がないのがわかります。上部をなくすことにより、とても開放的になり、明るいキッチンになります。

腰壁には、マガジンラックを作り、見せる収納になっています。また、クロスだと椅子に座った時に、足があたってめくれる心配があるので、メラミン化粧版を貼り、傷つきにくく、汚れにくくなっています。

新キッチン

 

 

人造大理石のカウンターとシンクです。つなぎ目がないスキマレスシンクになっています。

スキマレスシンクの詳細はこちら

水栓金具はスリムセンサー水栓です。上に手をかざすとセンサーが反応し、汚れが付いた手でも、水栓を汚さず水を出すことができます。 

ラクシーナ

 

 

奥に見えるのは、トリプルワイドコンロ。横並びになった3連のグリルです。レンジフードはホットクリーンフードです。ホットクリーンフードは10年間ファンの掃除が不要のレンジフードです。⇒ほっとくリーンフードの詳細

IMG_20170930_102213

 

 

 

 

キッチンリフォーム工事 生駒市Y様邸 

パナソニック ラクシーナでキッチンリフォーム工事

生駒市マンション キッチンリフォーム

 

生駒市のお風呂リフォームお任せください!

ページトップへ戻る