スタッフブログ

暮らしの広場 12月号

今月は「わが家のほっこりできるリビングで年末年始は家族そろって団らん」です
年末年始、家族が集まる機会が増えます
そこでフレキシブルに空間が使えるので大人数でも大丈夫!
疲れたら寝ころべるし、腰もかけれる「畳コーナー」のご紹介です
畳の下はすべて収納スペースなので大容量の収納庫として活用できてとても便利です!!
是非、生駒支店へご相談下さい
暮らしの広場12月号

 

スリムセンサー水栓のご紹介

今回は、スリムセンサー水栓のご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

すっきりスリムなデザインで「通常モード」・「節水モード」があり、かしこく節水できます。

スリムなデザインの水栓

 

 

温度や流量も設定もボタン操作で簡単ワンタッチ設定です。水優先ボタンが付いていて、「通常モード」「節水モード」の時に水だけを吐水することができます。知らないうちにお湯が出ていたということが防げるので無駄を省けます。

浄水機能ボタン

 

 

通常モード設定では、上部についているセンサー(黒い部分)に手をかざすことで、水を出したり、止めたりできます。手が汚れていたり、泡が付いていても、直接触らなくてよいので水栓を汚しません。

タッチレス水栓

 

 

節水モード時は、吐水口に洗い物や手を近づけると水が出て離すと自然に止まります。電波センサーが吐水口の少し上についていて、下向きに電波センサーを出して反応しています。水をムダに出しつづけることなく、こまめに節水できます。また、自動でシャワー流量が小刻みに変動する、リズムシャワーを搭載しているので流量を最大10%抑えて洗うことができます。

 電波センサーで吐水

 

 

こちらが節水モードを設定するエコナビボタンです。

エコナビ

 

 

シャワーヘッドは引き出して使えるので、シンクお掃除などにも便利です。

シャワーヘッド

 

 

通常モードでも、従来品の水栓より、約24%節水になります。節水モードではさらに節水ができます。キッチンのリフォーム工事を検討されるなら、見た目が良く、節水性能もよいスリムセンサー水栓のご採用もご検討してください。

 

 

 

その他のパナソニックキッチンの便利機能もご確認ください。

ほっとくリーンフードの詳細

スラくるネットとムーブラックのご紹介

スキマレスシンクのご紹介

パナソニックリビングショウルーム奈良相談会

先日、パナソニックリビングショウルーム奈良にて、相談会が開催されました。
122
131

 

 

 

様々な生活スタイルを想定した展示がズラリ!
実際に見て、触れて体感していただきました。
128129125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くのお客様にご来場いただきありがとうございました。
来年も開催を予定しておりますのでまたのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

お風呂のリフォーム工事 生駒市T様邸

先日、生駒市で昔ながらのでタイル張りのお風呂からユニットバスへのリフォーム工事を行わせて頂きました。

お客様のお悩みは、とにかく寒いという事でした。

 

リフォーム前のお風呂のです。タイル張りのお風呂は、入った瞬間に足がひっやっとしますし、お風呂の中もひんやり寒いですね。ヒートショックの心配も出てきます。

リフォーム前の浴室

 

 

工事中の写真です。天井から解体していきます。上を向いてする作業は結構しんどいです。

天井解体中

 

 

お風呂の天井がなくなり、屋根のが見えています。天井の高さがあまり高くなく、新しく設置するユニットバスのが設置できない為、天井まで解体しています。高さが十分確保されていれば天井は解体しないことの方が多いです。

解体後の天井

 

 

続いて、壁のタイルもハツリ解体していきます。

タイル壁解体中

 

 

床・壁・天井すべて解体した後の写真です。なかなか見ることがない光景だと思います。

解体後のお風呂

 

 

窓の下と、出入り口の柱の木部が腐っています。おどろかれる方も多くいらっしゃいますが、在来タイル張りのお風呂にはよくあることです。年数がたつとどうしてもタイルの目地から水が漏れていきます。木部の交換、補強も考慮して工程を組んでもらいましょう。

窓下の木部の腐食

出入り口の柱の腐食

 

 

配管を新しいユニットバスに合わせて位置に移設します。また、浴槽にお湯をはった状態の時のユニットバスの重さはすごいので、地盤沈下しないようにしっかりとした土台が必要になります。コンクリートで土間を造ります。

コンクリートの土間を打設

 

 

ユニットバス組み立て中です。

ユニットバス施工中

ユニットバス施工中2

 

 

出入り口にあった段差も解消することが出来ました。

出入り口の段差解消

 

 

お風呂のリフォーム工事完成です!。

 完成後のユニットバス

リフォーム後のお風呂

 

 

今までのお風呂にから比べると、格段にあたたかくなっていると思います。床も汚れにくくて滑りにくい素材になっています。手摺りも浴室内にぐるりと設置しています。入口の段差もなくなり手摺りも設置したバリアフリーのユニットバスの完成です。

 

暖かく、安心・安全になったお風呂に入っていただき、快適なバスタイムを味わって頂きたいと思います。あ~お風呂のリフォームをして良かったと思って頂ければ幸いです。

 

 

こちらのお風呂リフォーム工事は、施工事例にも載せて頂いております。

施工事例はこちら

   ↓

タイル貼りのお風呂からユニットバスへのリフォーム工事 生駒市T様邸

ほっとくリーンフード

10年間、ファンのお掃除がいらないレンジフード!

 

「ほっとくリーンフード」のご紹介をさせて頂きます。

● 10年間お掃除不要の秘密

●  構造の説明

●  ご注意して頂きたいこと

 

 

壁付けタイプ

 

ホットクリーンフード壁付けタイプ

   一番下にある板が整流板

 

なぜ、ファンのお掃除が10年不要なのか?換気扇の中で回転していこの黒い部分です。

ファン取り外し

 

 

①整流板とラクウォッシュプレートでファンに流れ込むまえに油汚れを約80%カットするので、内部が汚れにくいのです。下の写真がラクウォッシュプレートです。

ラクウォッシュプレート

 

 

②それでも、約20%の油汚れがファンを汚してしまいます。なので、毎回使用後に「油トルネード機能」でファンについた汚れを落とします。

 

③「油トルネード機能」とは、ほっとくリーンフード使用後、電源オフスイッチを押すとすぐには止まらず、ゆっくり回転しながら、ファンについた油を下に集めます。最後に高速回転を始めます。この回転により、付着した油を吹き飛ばします。これが、油トルネード機能です。

油トルネード機能

 

 

吹き飛ばした油汚れは、ラクウォッシュプレートに集まる仕組みになっています。ラクウォッシュプレートは1年に1回、清掃してあげてください。

 

ほっとくリーンフードの秘密は、 ①カットして②落として③集める

なんです。使用する度にこの作業を毎回行うので、10年間お掃除いらずなのです。 

 

 

構造の説明をさせて頂きます。

整流板の端っこに見える二つのつまみを同時におせばロックが解除されます。

展示品

 

つまみの裏側。これで引っかけています。

整流板 フック

 

後ろにもフックで引っかかっているので、ロックを外す時に手が滑っても落下しません。後ろのフックは板を斜めにすれば簡単に外せます。

整流板取り外し

 

 

ラクウォッシュプレートの取り外しも簡単!

ラクウォッシュプレート2

 

 

ワンタッチで取り外せます。
ワンタッチ脱着

 

 

二つに分かれますので、そのまま・・・

二つに分かれる

 

 

食洗機で洗えます。

食洗機IN

 

 

10年に一度で良いファンの部分の取り外しも簡単です。

まず、手前のリングを外します。ゆるむ・しまるのつまみを回すだけです。

リングの取り外し

リングの取り外し2

 

 

いよいよファンの取り外しです。以前はくるくる回して外す構造が多かったですが、こちらは写真のつまみの部分を押すだけです。

ファン取り外し

ワンプッシュ

片手で簡単

取り外し後

 

フードが納まっていた周りは、段差やすき間がないスキマレス構造になっています。

スキマレス構造

 

 

しかもフードの位置が約14㎝低い位置にありますので、上記で見て頂いた取り外し作業もやりやすいです。

高さ

 

 

とっても進化したレンジフードです。キッチンのリフォームをご検討されるときは、ぜひ、ほっとくリーンフードも一緒にお考えください。

 

以上でほっとくリーンフードの構造の説明を終了させていただきます。

 

※ ご注意して頂きたいこと

ほっとくリーンフードはパナソニックキッチン(Lクラス・リフォムス・ラクシーナ・Vスタイル)の付属品になります。単品での販売は行っておりませんので、ご了承くださいませ。 

8周年 誕生祭2日目!!

本日、最終日!!
秋晴れの清々しい空に恵まれました。
IH使い方&お料理教室では、「ホクホクの焼き芋」「さつまいもチップス」
「クリスピーピザ」「
ウィンナーのころころかき揚げ」をつくりました

DSC_0120

DSC_0126

DSC_0122

DSC_0125

IHの「揚げ物」や「フライパン焼き物温度調節」で設定温度をしっかりキープ
するので焼き物はしっかり火を通して、揚げ物はカラッとおいしくなります。
失敗なしで、スピーディにおいしく調理できますよ。大好評でした!!
ありがとうございました。
来年度もまたイベントを企画しております。
是非楽しみにしていて下さい。皆様のご来店をお待ちしています。

8周年 誕生祭1日目!!

本日初日!!
沢山のご来場ありがとうございました

DSC_0121

商品展示コーナー「ほっとクリーンフード」をこの機会に実際に見て触れて見て下さい!!
明日もお待ちしています

 

 

暮らしの広場 11月号

今月は「お孫さんと一緒に。おしゃべりしながらクッキング」です。
IHが横並びだからお孫さんを横で見守りながら安心してお料理できます。
大きなシンクで後片付けもラクラク!!そんなキッチンをご紹介します!!
暮らしの広場 11月号

生駒市省エネルギーリフォーム工事の補助金

生駒市には、リフォーム工事に対して、補助金を出してくれる工事がいくつかあります。その中の、住宅省エネルギー改修工事補助金についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

住宅省エネルギー改修工事とは、エネルギー(エアコン等)の消費を削減し環境に配慮した住環境を造ることを目的とした工事の事です。エネルギーの使い過ぎをやめ地球温暖化の抑制に協力しましょう。

 

補助金額は工事費の3分の1(上限額は50万円)です。

※予算に達し次第終了します。

 

住宅では窓からの熱損失が一番多いので、まず、窓の断熱性能を上げるリフォーム工事が必ず必要になります。それに合わせて行う床や、壁、天井の断熱工事も補助金の対象工事として認めてくれます。床・壁・天井のみで窓の工事を行わない場合は対象になりませんのでご注意してください。

 

その他、条件がいくつかあります。

①対象工事費用が50万円を超えていること

②平成20年1月1日以前に建築されている住宅であること。

③当該年度の4月1日~当該年度の2月末までに工事を完了させること。

④実際に人が住んでいる家

⑤同じ住宅で、過去に住宅省エネルギー改修工事補助金を受けていないこと

⑥住宅の所有者と使用者が違う場合、所有者の承諾が必要になります。

 

上記の補足説明

①は、住宅省エネルギー改修に関するリフォーム工事代が50万円を超えている必要があることです。断熱工事とあわせてキッチンのリフォーム工事をしてもキッチンの部分は補助金の対象工事にはなりません。

②は、平成20年以降の住宅はすでに断熱性能が高い建物が多いのでダメということでしょう。

③は、期間です。3月に工事をする場合はダメなのでしょうか。確認しておきます。

④は、空家では無理です。

⑤は、この補助金はその住宅に対して1回しか使えません。前回1階のリフォーム工事で補助金を使用していて、今回2階をリフォームする場合、場所がちがっていても使えないということです。

⑥は、所有者の同意書が必要になります。所有者、使用者が同一人物の時は必要ありません。

 

ややこしい書類が多く、手続きも煩雑なので大和工業㈱生駒支店が代行させて頂きます。

お客様の方でご用意して頂きたいものは、下記3の所有者がわかる書類だけです。建物の登記簿謄本があれば、所有者や、建築年月日もわかります。

 

ちなみに必要な書類はこれだけあります。

補助金交付申請書兼実績報告書(様式1号)※1に合わせて下記の書類が必要になります。

1.補助対象住宅の位置図

2.工事の積算書(様式2号)※2

3.所有者がわかる書類

4.所有者の同意書

5.熱損失防止改修工事証明書(様式5号)※3

6.建築士資格証と建築士事務所登録の写し

(証明者が建築士の場合)

7.工事の箇所、内容がわかる図面及び施工前、施工後の写真

8.省エネルギー改修工事の見積書

9.工事の契約書

10.業者に支払った領収書

11.窓や断熱材などの出荷証明書または納品書

12.サッシ、ガラス、断熱材等の性能を証明する書類

 

※1・2・3の書類は市役所でもらうかネットからダウンロードできます。

8・9・10はコピーでOK

 

生駒市の補助金をつかって賢くリフォーム工事をしましょう。

当社のトップページは下記をクリックしてください。

生駒市の補助金でリフォーム工事

水廻り一新!

マンションの水廻り(ユニットバス・システムキッチン洗面化粧台・トイレ)のリフォーム工事をさせて頂きました。まずは、キッチンからご紹介させて頂きたいと思います。

 

こちらの写真がもともとのキッチンです。上に見えてる垂れ壁の反対側には吊戸棚が設置してあります。

一般的に多い対面キッチンです。

旧キッチン

 

 

こちらはシンク側です。

206

 

 

まずはキッチン本体を取り外しました。この時にレンジフード、吊戸棚、垂れ壁も一緒に撤去しています。撤去した段階で、給湯・給水・排水配管・電気配線・ガス配管の移設を行います。同じような位置ですが、必ず必要になる工事です。 

撤去後

 

 

完成写真です。最初の写真をみくらべて頂ければ、上部の垂れ壁がないのがわかります。上部をなくすことにより、とても開放的になり、明るいキッチンになります。

腰壁には、マガジンラックを作り、見せる収納になっています。また、クロスだと椅子に座った時に、足があたってめくれる心配があるので、メラミン化粧版を貼り、傷つきにくく、汚れにくくなっています。

新キッチン

 

 

人造大理石のカウンターとシンクです。つなぎ目がないスキマレスシンクになっています。

スキマレスシンクの詳細はこちら

水栓金具はスリムセンサー水栓です。上に手をかざすとセンサーが反応し、汚れが付いた手でも、水栓を汚さず水を出すことができます。 

ラクシーナ

 

 

奥に見えるのは、トリプルワイドコンロ。横並びになった3連のグリルです。レンジフードはホットクリーンフードです。ホットクリーンフードは10年間ファンの掃除が不要のレンジフードです。⇒ほっとくリーンフードの詳細

IMG_20170930_102213

 

 

水廻りのリフォームをさせて頂きましたが、ユニットバス・洗面化粧台・トイレのご紹介はまたの機会にさせて頂きます。施工事例集にもアップさせて頂いてます。こちら→明るいキッチンにリフォーム

ページトップへ戻る